高収入求人と言われる住宅メーカーの営業職はどういう仕事なのか?

住宅メーカーの職種は設計や設備、公示、営業、経理などさまざまなものがあります。住宅メーカーの営業職というのは高収入求人であることが言えるわけですが、実際にどういう仕事をするのかというのは分からないと思っている人も多いのではないでしょうか。

今回は営業職の仕事内容だけでなく、その魅力についても十分に解説していきます。

笑顔で腕を組む男性

営業職の仕事内容は

営業職というのは売り上げを担う重要な仕事になります。住宅は一生に一度あるかどうかという高額な商品を売らなければいけませんので、なかなか購入に至るまでに難しい営業になりますので、信頼度や知識など必要なスキルが多くなります。

ただ住宅を販売するというのではなく、将来設計やライフプランについての相談に乗ったりする必要が出てきます。顧客と出会う場所というのは住宅展示場や見学会イベントになります。

そこで営業活動を行い顧客の希望やニーズなどを聞きだして、次回以降の提案につなげていくのが流れです。顧客の話を聞きながら提案を繰り返していくというのが営業活動です。

その中で契約にまでこぎつけることができればいいということになります。月に1件成約が結べれば優秀だと言われ、2ヶ月に1件成約が結べれば及第点と言ったところでしょうか。

営業職の年収は

住宅メーカー全体の平均年収は735万円ということが言われていますが、これはあくまで平均です。住宅が1つ売れれば入る金額が莫大になりますので、給料としては比較的高い要因になっています。

その中でも待遇がいいのは営業職で、1,000万円というのも夢ではありません。1か月に2件以上成約を結ぶことができればどんどん収入が増えていくことになるでしょう。

営業職になるとノルマというのがあるわけで、それをコンスタントに達成することができれば給料はどんどん上がっていきます。

しかし、なかなか契約が取れない場合は精神的なプレッシャーがかかりますので、収入を上げるどころの話ではなくなるでしょう。

場合によっては自分からやめざるを得ないということにもなりえます。

打ち合わせをする二人の営業マン

営業職の残業は

営業職というのは忙しいというイメージが強くなっています。平日は打ち合わせや準備がありますし、休日は顧客と契約の話を進める必要がありますので、なかなか休んでいられないという側面もあります。

住宅メーカーに限らずどの営業職も残業は多かれ少なかれあるものです。ノルマの達成具合によって残業が減っていく可能性はあるでしょう。

営業職の休日は

一般的な職業の場合は土日が休日になることが多いわけですが、住宅メーカーの営業職の場合は土日が休日になるケースは無いと言ってもいいでしょう。

顧客の大半は休日が土日の職業を持っている人になりますので、それに対応するために土日祝日は休めないのが当たり前です。

住宅メーカーに勤めるのであれば土日祝日は休めないという覚悟を持って働くことをお勧めします。それならばいつが休日なのかと言うと平日(一般的には火曜日と水曜日が多い)になります。

2日休日があればいい方で1日しか休日が無いこともあり得ます。だんだんそういう環境にも慣れていきますので安心してください。

どういう仕事かを把握した上で応募しよう

住宅メーカーの営業職は高収入求人なのですが、高収入を得るためには相当なスキルが必要になるのは間違いありません。ノルマに対するプレッシャーもかかりますので、それなりに難しいですが、頑張って成果を上げることができればやりがいを感じるでしょう。

■お知らせ■
スマホチャットレディで高収入!VI-VO(ビーボ)
https://lady.marii.tv/
女性でも高収入が期待できるスマホチャットレディに関する情報が満載のサイトです。