高収入求人と言われる住宅メーカーの営業職の離職率はどのくらいか?

忙しそうな営業マンのイメージ

高収入求人だと言われる住宅メーカーの営業職は高額な商品を売るわけです。そういう高額な商品の売り込みをしないといけないことから、離職率が高いです。

新卒採用した場合に3年間で70%ぐらいが退職しているという現状があります。離職率が高いからこそ高収入求人として募集をかけるわけです。

新卒であってもすぐに辞めるので社会人採用で埋めようとします。なぜこんなにも離職率が高いのでしょうか。

ノルマが厳しいというプレッシャー

離職率が高い理由として挙げられるのがノルマの厳しさです。ノルマが達成できないと場合によっては上司からのプレッシャーや、営業会議でのつるし上げが予想されます。

ノルマを達成できないと本人としてつらい状況に陥るわけです。契約が取れないという状況に居づらくなって、退職してしまうということが多いです。

ノルマが厳しいというプレッシャーやつるし上げに結果的に耐えきれなくなるわけです。

精神的に病んでしまう

住宅メーカーの営業職は契約が取れてくると高収入が期待できるわけですが、激務に耐えることができなくて病気にかかる人もいます。

特にうつ病や自律神経失調症にかかる人が多いです。こういう精神的な病気になるときちんと治療するのであれば、長期間かかってしまいます。

長期間の治療で休職してしまうと最終的には退職する形になります。そのため、必然的に離職率が高くなるということになりがちです。

仕事自体が忙しいという側面がある

住宅メーカーの営業職は住宅という高額な商品を売りますので、それだけでもプレッシャーはかかってきます。ノルマが厳しいというプレッシャーや精神的な激務と言ったことを乗り越えないと高収入が見込めません。

そもそもの話仕事自体が忙しいという側面もあるでしょう。