住宅メーカーの営業職が持っていると高収入求人でも有利になる資格

窓辺で外の景色を眺める営業マン

住宅メーカーの営業職は住宅という買い物のお手伝いをしないといけませんので、その責任はとても大きいです。営業職に大切なことは社会人としてのマナーが常識を持った人でないと安心して購入しようという気にはなりません。

必要な資格を持っていればこの営業マンは知識を持っているんだろうなと言うことで信頼して購入してもらえるでしょう。

まずは宅建をとるといい

住宅メーカーの営業職がまず資格を目指すということであれば、宅地建物取引主任者(宅建)の資格を取るといいでしょう。不動産の売買において必要となる資格で、住宅の購入においても当然ながら必要となる資格です。

企業の中でも資格取得推奨制度があったり、宅建手当があったりもしますので、ぜひとも取得してみるといいのではないでしょうか。

持っていると有利になる資格は

ここでは宅建以外に持っていると有利になれる資格について紹介していきます。1つ目はファイナンシャルプランナーで、住宅購入においてはお金が必要になりますので、公正な立場でアドバイスを行うことができるお金の専門家です。

2つ目はインテリアコーディネーターで、住宅を購入しただけでなく、内装についても相談を受けることができる専門家です。

お客様のことを考えて資格を取得する

資格があったとしても住宅を売ることができなければやはり営業マンとしては失格になりますので、住宅を売るために自分にプラスになるという観点で資格を取得することをお勧めします。

そうすることで資格マニアという批判を避けることができるでしょう。

資格をどう活かすかというのがポイント

住宅メーカーの営業職は高収入求人に該当し、宅建などの資格を取って職に就きたい人もいるでしょうが、資格をどう活かすのかということを考えることが重要になってきます。